奥山氏居館跡

オクヤマシキョカンアト

インフォメーション

カテゴリ 観光歴史
種別 名所、スポット、歴史、文化、人物、語り継

特徴

【奥山氏館跡(奥山城址)】
●鎌倉時代後期に築かれた初代奥山領主・奥山左衛門太郎朝清の居館で 南北朝時代には後醍醐天皇の皇子宗良親王を奉じた南朝方の支城でしたが 永禄5年(1562年)に今川勢に攻められて落城しました。

位置情報

地区 奥山地域
路線/駅 天竜浜名湖鉄道/金指駅
インター1 新東名高速道路(浜松いなさインター)
警察署 細江警察署
交番 細江警察署 奥山駐在所
消防署 浜松市消防局北消防署
消防出張所 北消防署引佐出張所

↑ページトップへ